阿佐ヶ谷chillout

何もないから寒い

My Summer Playlist 2017 - BLUE

www.youtube.com

group_inouで「BLUE」、去年の夏はずっとグループイノウを聞いてたけど、最初の入りはもう一般的すぎるAC部のPVから、それこそTHERAPYから知った感じなのでこういう聞かせる曲に出会うのが遅く、気づいたら活動休止してたしラストライブのチケットは売り切れてたし未だに引きずってるかもしれない。今は今しかないという言葉とともに残った楔。なんでこんな散文の歌詞にこうまで心動かされるんだろう。EYEとかHEARTとかオールシーズン聞いてて無限にウッとなる曲もあるけど、夏なので今回はBLUEにしました。去年の夏は会社の夏休みにうまく予定を絡められずに家で何をするでもなくこの曲を聞いていた思い出が蘇る。今年はどっか行けるように努めるかーと思っていたら仕事すんごい入ってきて申請のタイミングが掴めず9月に持ち越すことになりましたがそれもいいでしょう!神戸か博多か旅行いきたいね。サプライズをちょうだい?

My Summer Playlist 2017 - 夏のクラクション

www.youtube.com

今日は稲垣順一で「夏のクラクション」です。数年前にもこうして夏の曲を探していたときにYoutubeで知った曲で聞いて瞬時に好きになりました。直射日光で何も見えないような眩しさのなかにいるような、夏の明るさと空虚さが共存していて、車に乗ることもクラクションを鳴らすことも今までなかったのに、夏に悲しい別れをしたような気持ちに簡単になる。かろうじて平成生まれの僕にはこの曲を直に聞いたことなど一度もないはずなのに、こんなに胸にくるのも変な話ね。「躓きそうな僕を振り返り…」で曲が終わるのもいい。決して綺麗なだけじゃない思い出を、いい思い出にするにはきっともっと時間がかかるんだろう…。ライブ音源はみんなキーが一段階低くて、そうじゃない音源はこのキーなのでライブのときだけちょっと低く歌ってるだけ…でいいのかな?カラオケで歌ったときも低いキーだった気がして少しモヤモヤする。あとゲリラ豪雨も台風もなくずっと雨か曇りみたいな天気で本当にキレそう。晴れたらきっと晴れた日にぜひ聞いてほしい。

DARK LEGACY杯//vol.4 開催のお知らせ

f:id:counterflux:20170726190022p:plain

DARK LEGACY杯とは?


「レガシーやりたいですね」と、僧は言った。

DARK LEGACY杯、通称DLC音ゲーマー仲間向けのレガシー構築戦による大会です。
通常の構築戦大会と異なる点は、「プロキシカードが使用可能」であること。
これにより構築の敷居を大きく下げ、レガシーの奥深い戦略性と高い競技性を大いに楽しもうという大会です。

この大会は今までに3回開催され、手持ちのカードコレクションに縛られず自由にデッキが構築できることから、どの大会もレガシーならではの多様なメタゲームを観測してきました。
第4回目の開催となる今回は、師範の占い独楽が禁止カードに裁定されて以来初のDARK LEGACY杯となります。
混沌そのものとなったメタゲームを制し、栄光に輝くのは一体誰なのか!?



f:id:counterflux:20170726183015j:plain
DARK LEGACY杯//vol.1 優勝
buddha / 「Punishing Loam」


f:id:counterflux:20170726183022p:plain
DARK LEGACY杯//vol.2 優勝
らだ / 「UB Reanimator」


f:id:counterflux:20170726183031j:plain
DARK LEGACY杯//vol.3 優勝
Chloe / 「Thought Lash Combo」





開催によせて

f:id:counterflux:20170726184220j:plain
Chloe DARK LEGACY杯//vol.3 優勝
去年の7月にDARK LEGACY杯 vol.1が開催されてから今回で1年を迎える事になりますね。
地元仙台のレガシー大会はコンスタントに10人以上集まる事がなかなか無いので、
このような機会にゆるく遊べる事を大変喜ばしく思うとともに、主催の木野くん及び
いつも会場を手配してくれている仏陀さんに感謝いたします。

構築フォーマットにはそれぞれ楽しさがありますが、特にレガシーにおいてはデッキ構築における懐の広さが大きいでしょう。
マイナーな、誰も知らないようなカードを使っているデッキでも勝てる時は勝てる、そういう環境が魅力です。
特にこの大会では(プロキシOKという事もあり)皆さんそれぞれ好きなカードでデッキを組んでいる印象が強いので、
何が飛び出てくるかワクワクしながらゲームをする事にとても楽しさを感じます。

それでは、今回も楽しみましょう。



DARK LEGACY杯//vol.4 開催概要

【日付】8月19日(土)
【フォーマット】レガシー(プロキシ可)
【会場】成田会議室
【参加費】500円+場所代を人数割


【賞品】
優勝者には記念の優勝カップと、buddha宅で持て余している未使用のプレイマットを1枚進呈いたします。
また優勝者を含めた上位入賞者には参加費相当のシングルカードを進呈いたします。


【スケジュール】
13:00開場、受付開始
13:30 1ラウンド目開始予定


【ルール】
・ルール適用度は「仲良く」です。
・事前のデッキ登録等は不要です。

・DARK LEGACY杯//vol.4 本戦は1試合60分間+エクストラ5ターンのスイス式で行われます。
・3-4回戦を行い、全勝者が一人になった時点で残りは勝ち点を参照し順位を決定します。
・DARK LEGACY杯//vol.4に不戦勝(Bye)はありません。


【会場について】
成田会議室
http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/katsudo/jimusho/1006973.html

住所:〒166-0016 杉並区成田西3丁目7番4号
デイケアセンターの3階部分です。横の入り口からお入り下さい。

丸ノ内線南阿佐ケ谷駅より徒歩15分
JR阿佐ヶ谷駅より徒歩30分


【地図】



【その他注意事項】
・内輪向けの大会です。
・プロキシの使用は自由です。枚数制限などもありません。使用する場合、表面でカードを一意に定められるようにしておいてください。
・その他禁止カード等は現行のレガシーフォーマットの裁定に則ります。
・会場での飲食は自由、持ち込みも可能ですが、会場付近には飲み物の自販機しかありません。
・このイベントのプレインズ・ウォーカー・ポイント倍率は0倍です。
・プレイヤーはライフの総量を記録する方法や、カードスリーブ、および適切なカウンターやトークンをプレイヤー自身で用意する必要があります。


主催:鷺ノ宮 木野
協力:MTGやるやつ


twipla.jp

My Summer Playlist 2017 - 波乗り500マイル

趣向を変えて本日SoundCloudから失礼します、YUKIの「波乗り500マイル(feat.KAKATO)」という曲のリミックス。スローテンポな原曲をビシッと四つ打ちにしてて異様に聴きやすくむしろこれをずっと原曲だと信じていたけど違ったと知ったときの衝撃たるや。2015年の夏はずーーっとこれ聞いてた記憶があります。ビール苦手なときに初めて飲んだシャンディガフみたいな衝撃あるよね。こないだTSUTAYAに行ったときにLast.fmの関係でちゃんとCDに収録されてる曲しか聴けない病のそにくろに「もしサンクラとかYoutubeに1曲だけ超いいリミックスが上がってたらどうするん」って訊いたら「聴かない」って帰ってきたとき頭の中で僕はこの曲を想像していました。そにくろー!聞いてくれー!そんな風についばむようにして聞いてた楽曲がSoundCloudのLikeにいっぱいあるんだけどサービスなくなっちゃうんだっけ?なくならないんだっけ…でも今は今しかないってことだけは確かだ!ずっと曇ってんじゃねー空!!晴れろ!!

My Summer Playlist 2017 - 純勉夏

www.youtube.com

8月だあああああああああんんぉおおおおおお夏が始まったああああああん。ただし思い出の殆どが学生時代の夏休みだった者にとってバカンスよりもこういった曲のほうがこう…刺さる日もある!「純勉夏」の由来は古くee’mallという謎のダイヤルのついた筐体に磁気カードをぶっ刺すと楽曲が解禁するという…今考えると他機種との連動解禁をするためだけに専用筐体の導入が必要、しかもポイントはIDごとに保存でなく筐体ごとに保存されていて別のゲームセンターのee’mallに一度カードを通すとそれまでのポイントが無になる仕様。遠くのゲーセンでいっぱい遊んだ後でも一度は地元のゲームセンターのee’mallに戻らねばならず、またポップンギタドラそれぞれで楽曲の解禁があるため1台しかないee’mallにそれぞれのタイトルのプレイヤーが列をなすシーンがあったりなどゲーセンへの「ホーム感」が強まって結構よかった思い出がいっぱい。まあ当時はポップンを一番やっててjet coaster☆girlやCHOCOLATE PHILOSOPHYの解禁になけなしのポイントを使っていたので純勉夏をプレイしたのはそれこそ汎用ムービーのまま全曲解禁されたギタドラV4以降なんだけど、ドラムもポップンもやればやるほど楽しい譜面でいいですな。いい。中学のときは少しだけ塾に通ってたときもあったと思うけど別に楽しくはなかったし、僕は気がつけばゲーセンにいたと思うけど、この曲を聞いて勉強しかしてなかったなーと思う人もどこかにいるのかな。ただ過ぎてくだけでいいのか!夏!

My Summer Playlist 2017 - 高嶺の花子さん

www.youtube.com

だいたい今までの曲はどれも自分の過去作ったプレイリストとかを掘り返して昔聞いたな〜という思い出を反芻しながら選んだ曲ばかりでこの夏に聞いた曲がない!いいのか!?と考えた結果、きょうは「高嶺の花子さん」を選びました。花子さんって誰?一緒にカラオケに行った同級生の友達が歌っていていいですねと思いました。そのあとでtwitterで褒めツイートが回ってきたっていう順なので順番は大事です!順番というと友達が歌ってたときもサビのキーが高くちゃんと歌えていなかったのでフルコーラス聴きたいと思い検索した結果、公式のPVは途中までしか聞けなかったのでGoose houseのカバーのが全部聞けて構成わかっていいじゃんと思い、そのあとでTSUTAYAでベストアルバムを借りて聴いたらボーカルの感じとか曲の終わり方とかGoose houseの方がいいなと思ってなんだかこっちばかり聞いているので、順番だな〜、順番はやっぱり大事です。だからこの曲を聞いている間、恋煩う前に僕はずっと一番右にいるでかい人になりたいなと思っていました。ワタナベシュウヘイさんというらしい。ワタナベシュウヘイさんになりたい…。夏の魔法とやらの力でどうにかなんねえかなあ。その角からあの子が今すぐ飛び出してくるよりもどうにかなりそうな気もするな。


gameboku.blog.jp
曲そのものの感想ならこの記事がすごい熱こもっててよかったです。カッコつけてるわけではなくまるきし同じ境遇のヘタレ受け身男子であるはずの僕がこういったシンパシーを文章に起こしてないのは、心のどこかに「でも僕はなにか行動してやろうじゃん」という気持ちがあってそれもまた夏のせいでしょうね。これはきっと夏を思い返しながら秋とか冬に聞いた方がいい曲なんだろうって。とりあえず今は思い返せる夏を過ごしていけたらいい。

夏が大好きなので夏ビンゴを作った

夏が大好きなので夏ビンゴを作りました。夏が好きな人も嫌いな人も是非夏の思い出を作るのに役立てて下さい!どのくらい埋まったか僕にも教えてくれると嬉しいです。
僕は夏休みの神なので何もしなくても勝手に埋まると思いますが、みなさんはちょっと頑張らないと難しいかもしれませんね。頑張ってください笑