阿佐ヶ谷chillout

何もないから寒い

My Summer Playlist 2017 - 高嶺の花子さん

www.youtube.com

だいたい今までの曲はどれも自分の過去作ったプレイリストとかを掘り返して昔聞いたな〜という思い出を反芻しながら選んだ曲ばかりでこの夏に聞いた曲がない!いいのか!?と考えた結果、きょうは「高嶺の花子さん」を選びました。花子さんって誰?一緒にカラオケに行った同級生の友達が歌っていていいですねと思いました。そのあとでtwitterで褒めツイートが回ってきたっていう順なので順番は大事です!順番というと友達が歌ってたときもサビのキーが高くちゃんと歌えていなかったのでフルコーラス聴きたいと思い検索した結果、公式のPVは途中までしか聞けなかったのでGoose houseのカバーのが全部聞けて構成わかっていいじゃんと思い、そのあとでTSUTAYAでベストアルバムを借りて聴いたらボーカルの感じとか曲の終わり方とかGoose houseの方がいいなと思ってなんだかこっちばかり聞いているので、順番だな〜、順番はやっぱり大事です。だからこの曲を聞いている間、恋煩う前に僕はずっと一番右にいるでかい人になりたいなと思っていました。ワタナベシュウヘイさんというらしい。ワタナベシュウヘイさんになりたい…。夏の魔法とやらの力でどうにかなんねえかなあ。その角からあの子が今すぐ飛び出してくるよりもどうにかなりそうな気もするな。


gameboku.blog.jp
曲そのものの感想ならこの記事がすごい熱こもっててよかったです。カッコつけてるわけではなくまるきし同じ境遇のヘタレ受け身男子であるはずの僕がこういったシンパシーを文章に起こしてないのは、心のどこかに「でも僕はなにか行動してやろうじゃん」という気持ちがあってそれもまた夏のせいでしょうね。これはきっと夏を思い返しながら秋とか冬に聞いた方がいい曲なんだろうって。とりあえず今は思い返せる夏を過ごしていけたらいい。