阿佐ヶ谷chillout

何もないから寒い

めしとかにしましょう:うろ覚えオムライス

一切のレシピを見ずに「感じ」だけで作ってみましょう。

材料

卵…2個くらい
冷やご飯…茶碗1杯分以上
玉ねぎ…小さめが1つか、大きかったら半分
なんらかの肉…鶏肉が望ましい

使用する調味料

大量のケチャップ
塩胡椒
なんらかの油
なんらかの砂糖







肉的なものですが今回は鶏胸肉で作った鶏ハムを使います。
低温調理のあと冷やしたまま数日放置したら水分を吸って完全に熟成しましたが、食感があまり好きな感じではなくなったので火を通して使います。意味無し。



輪切りにしました。ちゃんと熱が通っているので鶏ハム作りは成功していたようです。これからまた加熱するけど。
これをもう一段階細かくしておきます。



小さめの玉ねぎを切ります。



一説によるとこれも細かいほうがいいそうです。



フライパンにサラダ油を敷きます。ちなみにIHです。ガスコンロは前の部屋に置き忘れました。



適当に焼きます。



塩胡椒を入れます。どうせ最終的にケチャップ味になるので少しだけでいいです。



玉ねぎが心なしかしんなりしてきたらご飯を入れます。
冷凍の場合は解凍したほうがいいですが、冷蔵の場合は温めなくてもいいです。面倒なので。



米が水分を吸って今のところ「味無しのリゾット」です。



混ぜるのに飽きたらケチャップを入れます。好きなだけどうぞ。僕はなんとなく大さじ2杯くらい入れました。



好みの赤さにします。



一旦皿によそいます。



卵を混ぜる用の器に開けます。この日は2個しか卵がありませんでした。このあと混ぜます。



なんとなく甘い方がおいしそうな気がしたのでその辺にあったコーヒーシュガーを入れます。ちなみに普段コーヒーは飲みません。



空気を入れるようにかき混ぜます。なんとなくそのほうがフワフワになる気がするので。



オリーブオイルがありました、折角なので使いましょう。
フライパンは一度洗っています。この「一度洗う」という面倒くささに勝たないとオムライスは食べられません。



フライパンを完全に加熱しきる前に溶き卵を入れてゆっくり焼きます。



ちょっとずつ傾けて焼きます。IHはフライパンの底を離すと加熱が止まるので非常に面倒くさい。もう嫌になってきた。



加熱できました。半熟なのがそれっぽいので全部良しとしましょう。



皿が小さくて卵を広げて乗せると大惨事になりそうだったので、諦めて適当に乗せます。自分の力の及ばない事柄に対しては諦めが肝心です。



ファイレクシアのマークを描いたら完成です。食べましょう。



食べました。おいしかったです。ケチャップさえ入れればなんとでもなることがわかりました。
オチはありません。